今日からホタテの耳吊り作業です。

 今日から県北の野田村産のホタテ種苗の耳吊り作業に入りました。写真は種苗到着後のトラックからの荷下ろし待ち風景です。震災前は需要に対して供給側の能力が間に合っていたのですが、震災後は廃業した方などもそこそこいるようで1日の出荷量が減っています。となると、仕込みたい数量があって、それをこなすには日数が余分にかかるので、トラックの現地出発時刻を遅くする出荷量を増やしてもらう事で調整して私たちの方が遅くスタートして遅く終わる感じて今年の耳吊り作業をスタートさせました。種苗自体は不作だった去年から見ると、量もあり、大きさも例年通りでなかなかのものだと感じました。これからしばらくはホタテの耳吊り祭りといった感じが続きます。カキの種苗に比べるとデリケートなので素早い仕事で頑張って行こうと思います。