気になって造船場に。

 今日の仕事終わりに造船場に行って船の様子を見てきました。写真は今回特に目玉になる装置です。船が少し大きくなるので舵効きが悪くなる(小回りが利かなくなり、大回りになる)ため、船底の船首側に写真のようなプロペラを付けます。船は後ろが旋回するのですが、これは前でも旋回することができるので離接岸が多い養殖の仕事には操船が楽になりますし、風が強い時の筏などへの接岸にかなり力を発揮します。今の船にはなくて今度のにはあるという事で操船も少し慣れが必要かと思いますが効率の良いいい仕事が出来るようになればなと思います。